作品の募集に関してのお知らせ
ネオスブックス ブロッサムサイドでの新人賞の募集は、2014年3月14日締め切りの「小説大賞・イラスト大賞 エクストラステージ」を最後に一時終了しております。わかりづらい表記になっていたことをお詫び申し上げます。
過去の応募要項ページは一時すべて取り外させていただきます。今後、募集を再開する際には、HPやツイッターなどで改めてお知らせさせていただきます。
今後とも、ネオスブックス ブロッサムサイドを何卒、よろしくお願い申し上げます。
2014.11.28 ネオスブックス ブロッサムサイド編集部

INFORMATION

 
2014.9.18
第6回配本3作の紹介ページを公開いたしました。下記の表紙画像をクリックで閲覧いただけます。
2014.9.10
第6回配本試し読みページ公開!
2014.8.6
9月10日発売予定。第6回配本表紙公開!
2014.7.10
第5回配本発売! 各紹介ページも公開中!

















↓表紙画像をクリックでより詳細な作品紹介をご覧になれます↓


2014年5月12日発売新刊
死神アリンの事件録/玉兎れんじゅ
女主人の酒場は今日もにぎやか/入江棗
伯爵と十五年目の花嫁/広野未沙
***あらすじ*************
 死神アリンの仕事は、人間を突発的な死から救うこと。ある日、動物に関わる不審な事件を捜査するため人間界へ向かったアリンは、そこで一人の王子に出会う。ロイスと名乗る彼は、人間嫌いで動物にしか心を開いていなかった。動物を救おうとしているロイスに、一緒にいれば捜査が捗るのではと考えたアリンは、半ば強引に彼をパートナーとする。猪突猛進なアリンと、傲慢なロイス。ちぐはぐな二人のコンビは、事件を解決へ導けるのか……?

*********************
***あらすじ*************
 盗賊の頭領を父に持つテリア。獄中の父以外肉親のいない彼女は一人で生きて行くために酒場を開いていた。酒場は荒くれ者ばかりが集まるがそれなりに繁盛していた。ある日、酒場に貧乏貴族の青年アレックスが訪ねてくる。かつて父に盗まれた一家の秘宝を探しているという。秘宝探しに協力することになったテリアは、情報収集のため彼を酒場で働かせることに。しかし、父の賊の団員であった少年ルッツはそれを快く思わず……。


********************
***あらすじ*************
 伯爵令嬢・ミリーは、十六歳の誕生日を目前にして、自身がすでに結婚しているという驚愕の事実を知る。相手は騎士団ホワイト・ローズの副師団長エルバート。結婚の無効化を望むミリーだが、エルバートの方は結婚相手が必要なのだという。そこでミリーは、騎士団の仕事である祓魔の仕事を手伝い、彼が別の花嫁を探す時間を作れるよう、騎士団入りを決める。ところがともに祓魔の仕事をこなす中、ミリーは少しずつエルバートに惹かれていって……。

********************
作品の冒頭を試し読みする 作品の冒頭を試し読みする 作品の冒頭を試し読みする


2014年7月10日発売新刊
発掘者/永野水貴 宝珠の姫と楔の王/貴水玲 獣は箱庭に踊る/水島朱音
***あらすじ*************
 発掘者のフィオーラが過去の遺物を掘り当てるのは、夢や真実のためではない。目的はただひとつ――金のため。そんな冷めた考え方のフィオーラだったが、ある日眠っていた人間の青年を発掘してから彼女の生活は一変する。大金獲得の可能性を期待してその身柄を引き受け、記憶を失った青年にジョーイと名付け、助手とすることに。しかし世間知らずでド天然な彼に、フィオーラは振り回されっぱなしで……!?


*********************
***あらすじ*************
 山奥で療養していた小国の姫・瑚蝶(コチョウ)は、十七歳を迎えた晩、かつて人々を滅亡の危機から救ったとされる霊獣の夢を見る。胸騒ぎを覚えて城に戻った彼女が見たのは、家族たちの息絶えた姿―そして血溜まりの中に立ちすくむ劉王(リュウオウ)の姿だった。大陸一の大国・統(トウ)の国王である彼に連れ去られた瑚蝶は囚われの身となるが、何故か彼は客人のような生活を与えてくる。隙を見て劉王に復讐しようとするも、彼は「このまま傍にいろ」と告げてきて……。

********************
***あらすじ*************
 初依(うい)はカラスの神の血を引く女子高生。かつて動物の神々が争ったという歴史のある土地で生まれ育ちながらも、それは遠い昔の話と考えていた。ところが狐の一族が再戦の兆しを見せている、との情報が流れこんでくる。狐の襲来に備え味方を増やすため、他の種族の男を婿に迎えるように言われる初依。密かに思いを寄せる相手がいる彼女はその話を拒むが、婚姻相手としてやってきたのは他でもない片思いの相手、鹿の血を引く青年・世生(せお)だった。

********************
作品の冒頭を試し読みする 作品の冒頭を試し読みする 作品の冒頭を試し読みする

オンライン書店で購入する

ページのトップへ戻る